レンタサイクル

クロスバイク クロスバイク GIANT GRAVIER
ロードバイク ロードバイク GIANT ANYROAD3

※掲載のメーカー及び車種は変更になる場合があります。また、カラーの指定は出来ませんので予めご了承ください。
※装備品(ライト・サイクルコンピューター・ボトルホルダー)は参加者ご自身でご準備下さい。
※ヘルメットのレンタルを希望される方は、別途オプションでの申込が必要となります。

申込方法

レンタサイクルのお申し込みはコチラ

利用料金

クロスバイク ロードバイク ヘルメット
1日 5,000円 7,000円 1,000円
1泊2日 6,000円 8,500円 1,500円
2泊3日 7,000円 10,000円 2,000円

貸出車種

車種名 サイズ 適応身長
クロスバイク XXS 145cm~160cm
XS 155cm~170cm
S 160cm~175cm
M 170cm~185cm
ロードバイク XS 155cm~170cm
S 165cm~175cm
M 170cm~185cm

貸出時間及び返却時間

○貸出時間
  • 平成28年11月11日(金)15時00分~20時00分
  • 平成28年11月12日(土)06時00分~06時30分
  • 平成28年11月12日(土)12時00分~18時00分
  • 平成28年11月13日(日)06時00分~06時30分
〇返却時間
  • 平成28年11月12日(土)12時00分~18時00分
  • 平成28年11月13日(日)14時00分~18時00分
※返却について、返却時間を超えても返却されない場合、追加料金が発生する場合があります。
また、ご連絡のないまま、返却時間を大幅に過ぎるなど、当方で悪質と判断した場合には、所轄警察署に被害届を提出する等の措置をとる場合があります。

利用条件

貸出・返却とも営業時間内に行ってください。
自転車の利用については、道路交通法等関連法令を遵守することはもちろん、交通マナーには十分に留意してください。
サイクリングの運転に適した服装でなければ自転車を貸出することはできません。
飲酒していると認められる場合は自転車を貸出することはできません。

貸出先及び返却先

ツール・ド・おきなわ大会会場内のレンタサイクルブースで貸出及び返却を行います。

自転車の修理

(パンク修理)
利用中に発生した自転車のパンクについては、利用者で修理を行ってください。

(その他の修理)
利用中に自転車が故障した場合は、そのまま貸出場所まで持ち込んでください。利用者に起因する自転車の故障については、利用者の費用負担で修理していただくことになります。
自転車の故障によって利用者その他第三者に損害が発生したとしても、貸出主のNPO法人ツール・ド・おきなわ協会に起因する場合を除いて、NPO 法人ツール・ド・おきなわ協会は、一切責任を負いません。

自転車の盗難・紛失

利用期間中に自転車の盗難・紛失等に遭遇した場合は、速やかにNPO 法人ツール・ド・おきなわ協会まで連絡してください。
無施錠のまま放置した等利用者に起因する事情により盗難・紛失等した場合は、弁済してもらう場合があります。

利用期間中の第三者による事故・盗難

利用期間中に遭遇された、第三者による事故・盗難等により利用者に損害等が発生した場合において、貸出主のNPO 法人ツール・ド・おきなわ協会は一切の責任を負いません。
利用者が利用期間中に事故にあった場合は、速やかに警察署に届ける等の法令で定められた処置をとるとともに、NPO 法人ツール・ド・おきなわ協会に事故発生の日時・場所・原因・事故の状況等を報告してください。
事故についての示談等が必要な場合には、自らの責任において行ってください。
NPO 法人ツール・ド・おきなわ協会が第三者にやむなく損害賠償を支払った場合を含め、NPO 法人ツール・ド・おきなわ協会が被害を被った場合には、利用者にその損害賠償を請求することがあります。

利用者の禁止事項

  1. 飲酒・無謀運転、その他交通法規に違反する行為
  2. 注意箇所・その他不適切な場所での利用
  3. 自転車放置禁止区域内及び歩行者や自転車の通行障害となるような場所での駐輪
  4. 自転車の改造
  5. 運転中に当該自転車の異常(パンク等)を認めた場合、運転を継続する行為
  6. 利用申込者以外の者に使用させること

規約等の変更

当規約・休業日・営業時間・サービス内容等は予告なく変更されることがありますので、ご了承ください。

利用取消し

利用者が利用規約に違反した場合は、貸出期間中であっても利用取消を行うとともに、自転車を返還していただきます。
また、利用規約の違反により当協議会もしくは第三者が被害を被った場合には、利用者にその損害賠償を請求することがあります。